2011年03月21日

ただいまー


一週間前の発生から直接茨城県日立市に向い、初めて帰宅しました。

東京の街はなにか静かだけど、普段どおりの空気が流れていたような気がします。
荒川の橋とか点検後で通行がダメになってるかと思ったけど、全然平気だった。

自宅の状況も、トールボーイスピーカーが地震で踊り狂ったらしく、付近の壁と床を破壊してました。
足にニードル状のピンを付けて、御影石の上においてましたから、床が穴だらけ(笑)
家を買ってまっさき一番置きたかった設備にやられちゃいました。まぁしょうがない。自分でつけた天吊りスピーカーは無事でしたね。
書斎の楽譜はどさーっと床に散らばって、そのあとに楽器が倒れてなんとかクッションをしてくれてたみたいです。

行った先の具体的な話しは、あまりこういうところで書いても僕の文章力の無さでは誤って伝わるだけだと思います。書かないことにしましょう。

人間というのは自分単独で考えて行動もできるし、支えあうことでその力を何倍にもできる、ということを前回の新潟中越沖と同様に感じることができました。
一言で協力といっても、その場の人間しかできないことや周りの人間しかできないこと、そしてお互いがしてあげられることを適切に行う。というのはとても難しいこと。それをパワフルに、かつ器用にこなすことができて日本は戦後も立ち直れたのかもしれないな、と思いました。

あくまでも恐らく、ですが、もう一度どこかに行くと思います。
少しリフレッシュして、また備えたいと思います。









posted by しまあじ at 02:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。