2012年02月16日

ACFでます!〜花鳥風月

ひらきなおりのご無沙汰です。

前のブログにてつぶやいていたACF、みなとみらいアマチュア室内楽フェスティバル、出場させていただきます。ってもう今週末に。びっくり。

3年連続でウチを取り上げていただくなんてことは思ってもいませんでした。本当に感謝です。
折角の機会ですので、当然ながらいい演奏を目指したいと思います。今回プログラムの最後だし。

曲は櫛田てつのすけ作曲「花鳥風月Uインテンション」。サックス8重奏のために書かれたオリジナル作品です。
テープ審査付きのエントリーになるので、早々と何にしようか迷うのですが昨年内藤淳一先生の作品「動物の謝肉祭」も大変好評だったので、ある意味サックス的ななにかではない、親しみのある曲を・・・と思っていました。
しかし元々Sax8重奏は楽譜が少ない中、新たに探すのは中々大変。そんなわけで今まで演奏した曲を探していてこの曲にしました。

そしてもう一つ。こんな歳になった時にこんな事になってしまったこと。

花鳥風月という言葉は、読んで字の如くも、韻も、なんて日本らしい素敵な言葉なのだろうと思う。
もしかすると自身が昨年の3月に復旧で仙台に行って、あの海を見てなければそう思わなかったかもしれない。
そして被災した町並みで誇らしく咲く桜もとても素敵だった。
ヒトカネモノの現状復帰ももちろん大事なのだけど、それ以上にこの景観をなんとかしなければならない。どうしてもその破壊的、壊滅的な映像や表現がメディアにはびこっているこの状況を、BS民放のヨーロッパ旅行番組みたいにゆるーいキレイな日本の景観が常に流れるようにしなければならないって、現地で思った。

あるテレビで人間は年齢を重ねるごとにこの花鳥風月の美しさを感じるんだ、なんてことを言っていたそうです。

音楽にしてもそうなのかも。吹奏楽の世界でこういう「和モノ」は定番なのですが・・・・。
なんとなく、良いかもって思ってきました。和モノ。
このあいだ、15年ぶりぐらいに高校の後輩に会いました。彼は今クラシックではないジャンルでサックスを続けているのだけど、
彼が当時、同じ櫛田氏のサックス4重奏作品(「彩」と言う曲)を演奏したことを今でも良く覚えていました。「当時そういう和モノをやって、クラシックっていうジャンルにとらわれなくて良かった」と言っていました。

確かに特殊なのかも、吹奏楽系の和モノ。でも歳とってきて良いモノに感じてきたかも。

若干ですが、手元にチケットあります。お声掛けください。
以下のURLに出演順などが記載されています。ウチは19日。

http://www.tvumd.com/festival/acf2012.htm

*******************

みなとみらいアマチュア室内楽フェスティバル2012
開催日:2012年2月18日(土)17時/2月19日(日)15時
会場:横浜みなとみらいホール 小ホール
出演者:全国のアマチュア演奏家の皆様
司会: 朝岡 聡(コンサート・ソムリエ)  安田佑子(フリーアナウンサー)
トークゲスト 18日:Chage(ミュージシャン)、19日:華恵(エッセイスト)
選考委員: 現田茂夫(神奈川フィルハーモニー管弦楽団名誉指揮者)
        古部賢一(新日本フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者)
        漆原朝子(ヴァイオリン奏者・東京藝術大学准教授)
チケット: 各日全席自由¥1,500円
       Miraist Club(横浜みなとみらいホール友の会)¥1,350円
お申し込み:横浜みなとみらいホールチケットセンター
         045-682-2000(電話10:00−18:00/窓口10:00−19:00)
チケットぴあ http://t.pia.jp/0570-02-9999(Pコード:157-493)
■主催:テレビマンユニオン/横浜みなとみらいホール
■協賛: 花王株式会社   ■協力:ヤマハ株式会社/アサヒビール株式会社
posted by しまあじ at 16:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。